TOP企業情報環境・社会貢献活動環境への取り組み(省エネ編)

環境への取り組み(省エネ編)

環境に配慮した照明の導入

1、省エネ照明の導入

店舗を営業する上で、CO2を最も排出しているのは店内照明です。 2007年12月に、スポーツオーソリティ成田店で水銀灯照明を省エネ蛍光灯へ切り替えた結果、CO2排出量を35%削減しています。 原則、新規オープンの店舗では省エネ照明を導入し、既に営業している店舗(既存店)では順次省エネ照明へ切り替えています。
スポーツオーソリティでは、環境に配慮した店舗運営を目指しています。

2、店頭看板のLED化

店頭の入口上部に設置する看板の光源にLEDを採用しています(2009年度オープン店舗)。
従来の蛍光灯の看板に比べて電気使用量を80%削減しました。

モーダルシフトの導入

スポーツオーソリティでは、環境に配慮し、2003年より一部の店舗に鉄道輸送で商品を配送する、モーダルシフトを導入してきました。 モーダルシフトとは、トラック輸送に比べてCO2の排出を抑制する、鉄道輸送へとシフトすることをいいます。 トラックによる商品配送から鉄道に切り替えることで、CO2排出量が減り、環境負荷が低減されます。
商品はまず、野田(千葉)と一宮(愛知)の2ヶ所の物流センターから鉄道ターミナルまで運ばれ、長距離の鉄道区間を走り、 店舗の最寄りの鉄道ターミナルで再びトラックに載せられ、店舗へ運ばれます。
今日も、鉄道コンテナで輸送されたあらゆるスポーツ用品が店舗へと配送されています。

【モーダルシフト導入店舗】
・札幌苗穂店・旭川西店・苫小牧店・新さっぽろカテプリ店・札幌平岡店・新潟南店・広島府中店・防府店

トラックに載る鉄道コンテナ

企業情報
企業情報TOP
企業理念
社長挨拶
会社概要
沿革

ページの先頭へ